無我夢中

September 16, 2019

 私が受けた教育は 先生に教えてもらい、それを知識として暗記する方法が主流でした。学校でも塾でも、ピアノでも。おかげさまで進学もし、仕事も得て、お金を稼ぐこともできました。

 

だから、自分で考えて海外で教室を開くなんてことは、無知の世界でした。

だって、誰も教えてくれませんもの。

 

場所を探し、お金を計算し、保険屋さんを探し、カリキュラムや活動も全てひとり。

それはそれはたくさんやることが次々に出てきて、自分でやってることが正しいのか間違ってるのかもわからない。

 

無我夢中でした。

 

そう。この無我夢中。

できないとか、疲れたとか、考える時間よりも無我夢中の時間が上回っていたんです。今でもそうです。

 

幸い、今は様々な方のお力を借りれるようになり、「ひとりで」という精神環境はなくなりましたが、物質的にはひとりです。

 

この無我夢中はただ突き進んでいるというのではなく、

転んで起きて、

転んで手を差しのべてもらって、

転んで助けてと言う。

そんな風景も入っています。

 

そしてそんな無我夢中の日々を過ごしていると、色々なことが自分におこります。

学びになる。

視野が広がる。

夢が膨らむ。

またチャレンジしたくなる。

 

無我夢中な時、夢はいつもそこにあります。

だから、子どもたちにもこの無我夢中の快感を味わってほしいです。

 

なんでもいいです。勉強じゃなくても、スポーツじゃなくても。

石ころあつめ、迷路あそび、空を見つめる、雲を追う。

 

私が受けた教育も私の時代には必要だったけど、

これからの時代は共育が必要だと思います。

 

そのために 私も教育者(教えて育てる者)かではなく、共育者(共に育つ者)として無我夢中でいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now