あったらいいな、こんなもの✏作文レッスンより

September 11, 2019

 こくご二下の教科書のなかに あったらいいな、こんなもの の学習単元があります。

そうそう。あのドラえもんのイラスト入りページです。

 

先日レッスン教室でこの題で作文を書きました。

 

「あったらいいな、こんなもの」を想像して絵に描き、それを説明する時の生徒の表情はとてもきらきら。

その時間があまりにも楽しくて、「思わず作文を書きたくなった」 というのが現実でした。

 

作文を書くとなると、どうしても文章や、漢字に目がいきがちですが、思わず作文を書きたくなる時間がとても大切です。

なんでもそうです。

 

思わず漢字を書きたくなる。

思わず日本語を話したくなる。

思わず辞書を使いたくなる。

 

そのためには生徒達の話しをじっくり聞くことです。

だから、このレッスンではほとんど生徒の話しで盛り上がり、私の出る幕はありませんでした。

 

それにしても、小学校高学年にもなると、想像力がかなりテクノロジー的で、私も話題についていくのが精いっぱい。(苦笑)

 

「え?なにそれ?」と質問をしていたのは私の方で、時代の流れと共に、おとなの私たちも学ばなければと刺激を受けました。

 

抜粋ですがご紹介します。

 

👧小学5年女の子

私はマジックリストがほしいです。

そのマジックリストを付けるとネットボールで必ず、ゴールできます。

中省略)

時間だけでなく、色々な数を測れます(脈拍数や体重計なども)

そして、このマジックリストをたくさん作り、売ります。

これはプラスチックでできていないので、プラスチックのごみも減ります

 

既に環境問題も視野に入れている視点。私が小学生の時はそんなこと考えたこともなかったです。

 

👧小学5年女の子

私はマジックネックレスがほしいです。

これは探し物の名前を言うと、それがどこにあるか映ります。

また物を一瞬にして動かせます。

多くの言葉を訳せます。

(以後省略)

 

なんだか、スマートフォン技術以上のことができるもの。想像するレベルが魔法の世界というより、テクノロジーの世界です。

 

👦小学3年男の子

ぼくはロケットハンドがほしいです。

とても強く、重く、空手に使えます。

(中省略)

ロケットハンド火も出るので、それで料理もできます。

料理をホームレスの人に作ってあげたいです。

 

私は聞いてみました。

私「これはどこかで買えますか?」

男の子「チャイナで」←ほとんどの物にメイドインチャイナと書いてあるからだそうです。

 

私「ホームレスの人に料理作ってあげたら、どうなるの?」

男の子「たくさんホームレスの友達つくれる」

 

友達をつくるのに、職業、環境は関係ないんですね。

友達は友達なんです。

私はいつから色めがねをかけるようになったのだろう。。。と教えられました。

 

あったらいいな、こんなもの。

是非、お子さんと一緒に作文を書いてみませんか?

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now