2019年最後の学び

December 18, 2019

 今週は40度以上が続くアデレード💦その予想が出たのが先週でした。

 

丁度その頃、個人レッスンの終わりにお母さまの

「来週は暑くないといいですねえ」のお言葉から

「あっ、そうだ。気温チェックしないと」となり、天気予報を確認。

 

お母さまとの会話のおかげで気づいてよかった。

 

20日(金)は45度予想と知り、政府のホットウエザーポリシーとにらめっこしながら対策を考えました。

「キャンセルにするなら早い方がいいのかな。でもできるなら開催したい。直前まで待ちたい。」

そこで、参加者皆さんにお伺いしたところ、

「直前まで待ちます」のご連絡ばかり。

 

なんだかとっても嬉しかった。

開催するかわからないSHCでも楽しみに待っててくださる方がいるんだと。

 

 次は教室を借りているセンターに相談しました。

すると、予想もしていなかったアドバイスが。

「明日部屋にエアコンをつけて何度になるかテストしてみるわ。その気温状況でキャンセルするか決めてみる?」

 

なんて優しいんだろう。

 

正直「危険を伴うのでキャンセルにしてください」の一言だと予想していました。

ごめんなさい。🙇

彼女は2日間試してみてくれると言いましたが、電気代がかかるのも申し訳なく思い、「1日でいいのでテストして頂けますか?それで決めさせてください。」と彼女のアドバイスを受けました。

翌日「教室内は涼しいけど、教室を出たら他の場所は暑いです。でも判断はあなたに任せます」のお返事。

 

うーーーーーん。悩みました。

もちろん、気持ちは開催したい。

でも100%安全の保障はない。いや、それはいつも同じ。

送迎の負担にもならないか。活動時間を早めれば開催できるか。

なんとか、開催できる理由を探そうとするも頭のなかがグルグル。

 

ただ、実はこの時、もうひとつの状況があったんです。

前日に私は日帰りでちょっとした手術をしていました。(もちろん回復しました)

気温と私の体のリスクという2倍のリスクがある。

 

この2倍のリスクが20日(金)SHCのキャンセルを決めました。

 

参加者のお母さまたちからは

「ありがとうございます。1月楽しみにしています。」

センターの方は

「いい判断をしたと思います。キャンセル料はいりません。」

のお返事を頂きました。

 

この時感謝と共に、学んだことが2つあります。

 

ひとつは 教室活動をサポートしてくれるご家族とセンターのみなさんがいると実感したこと。

 

だからこそもうひとつは

 

ひとりでは限界もあること。

周りの方のおかげで気づき、判断できることがある。

手術後でも私ひとりでなかったらできたこともある。

 

そんなことを感じている今、来年は教室活動進める小さなチームをつくろうと思っています。

 

2019年最後のこの学びは生かさないと。

教員目線だけではなく、色々な目線で、情報交換とサポートをお互いにできる小さなチーム。さあ、どうやって。。。まずは興味がある方と繋がります様に。

 

そんな想いをめぐらせながメリークリスマス!🎄

2019年の最後のブログを読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now