手話で童謡

September 4, 2019

 レッスン教室では季節に合わせて童謡を歌います。

日本の美しい童謡のメロディーと歌詞を今理解はできなくても、おとなになった時「懐かしさ」を感じる。そんな経験をしてほしいと願いながら、一緒に歌っています。

 

でも聞き慣れない日本語歌詞を理解できなければ、いくらいい歌でも覚えられない。

覚える前に歌うのが楽しくない のです。

 

そこで手話と一緒に歌うようにしてみました。

 

これは私が初めてAUSLANを学んだ時の経験からやってみました。

動作や手の動きのおかげで手話単語意味がすーっと頭に入り、覚えやすかったのです。

目と手と耳と同時に動かすことが脳に高作用を働かせるようです。

 

全タームで歌ったのは♪真っ赤な秋♪

ツタの葉っぱ もみじ 沈む夕日 そのような単語も何回も練習すれば覚えられますが、脳はすぐに忘れてしまいます。でも手が覚えてきるので、言い換えれば忘れにくくなるのです。

 

数回練習しただけで、子どもたちだけで歌えるようになった♪真っ赤な秋♪

 

ある日、「レッスンが終わって帰宅中、後部席に座っている娘が♪真っ赤だなあ~♪と歌い始め、運転している私も嬉しくなって 思わず大合唱して帰りました。」

という報告が届きました。

 

その姿を想像し、本当に嬉しくなりました。

まさに、夢に描いていた光景です。

 

ここに、いつか日本にいるおじいちゃん、おばあちゃんもいる。

「日本の家族と大合唱しました!」

そんな報告が楽しみです。

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now